銀行カードローンのメリット

近年新しいローン方法の一つとして注目を集めているのが銀行の金融商品のひとつである「カードローン」です。

銀行カードローンはそれぞれのATMからキャッシュカード、もしくは専用のカードを使うことにより、上限金額の範囲内であればすぐにお金をおろすことが可能になります。

コンビニATMなどでも提携金融機関であれば使用することが可能になっており、実質24時間いつでも借り入れが可能になると言うのは大きなメリットと言えるでしょう。

さらに、一括で大金を借り受けると言う性質のものではなく<u>、必要に応じて少額の借り入れも出来ると言うのが銀行カードローンの強み</u>とも言えます。

金利手数料なども、上限金額分から算出されるのではなく、借り受けた金額の合計から算出されるため、総合的に安価に収まるようになっています。つまり、100万円上限のカードローンの場合、30万円しか使っていないと言うのであれば、30万円に対して金利が加算されると言う計算になるのです。

また、返済額も決して高額なものではなく、指定期日内に指定額、もしくはカードローン提供銀行の指定最低額を支払えば口座は維持されるため、無理のない返済を続けていくことで、余計な負担を抑えることにもつながります。また、30日以内に全額返済であれば金利などの手数料が0円と言うところもあります。

銀行カードローンの審査も極端に厳しいと言うものではなく、<u>100万円以下であれば所得証明などの書類も不要となるため、アルバイト、パートなどであっても就労実績があれば利用できる可能性が高いと言うのも魅力の一つ</u>でしょう。

少額ずつの使用も出来ることから、冠婚葬祭に関して物入りになっている、年末年始の集まりで出費がかさみがちと言った場合でも使えるため、用途が非常に広いローンであるとも言えます。

【銀行カードローンの申し込み方法】

利用しやすいローンの一つとして近年注目を集めているカードローンですが、総量規制(融資額の上限額が年収の3分の1までと決められている)対象外であり、少額の借り入れも容易になることから、申し込みも急増しています。では、このカードローンはどのように申し込めばいいのでしょうか。

まず、銀行カードローンは文字通り、銀行の金融商品のひとつです。<u>最寄の銀行で取り扱っており、そこを利用したい場合は窓口で相談すれば手続きができるようになります。</u>

ただし、必要な書類を集めて審査を行ってもらうなど、何度も足を運ばなければならないため、あらかじめ必要な書類について調べておき、事前に用意しておくなどの準備をしておく方がスムーズでしょう。主に必要なのは「免許証(保険証など)のコピー」「所得証明(個人事業主の場合は確定申告書類のコピー)」などです。

最近ではインターネット銀行からの申し込みが非常に多くなっており、こちらは自宅のパソコン、もしくは携帯端末から申し込みができるようになっています。

大手銀行などもインターネット上から申し込みが出来るため、<span class=”ylw”>地方にお住まいの方であっても信用性の高さから大手を選ぶと言う場合も多い</span>ようです。

こちらは自宅で全ての手続きが出来る分便利ですが、所得証明や身分証明などの書類は場合によっては各役所などから取り寄せる必要があるため、一歩も動かずに申し込むと言うことはできません。

また、必要書類はEメール、FAX、もしくは郵送と言う形で発送した後に審査となるため、地方銀行などでの申し込みと同様の時間がかかります。

審査に通ると、新たに銀行カードローン用のキャッシュカードが郵送されるので、こちらを受け取り次第使用が可能になります。銀行カードローンを取り扱うところによっては、初回は別の銀行口座に振込み(別途手数料がかかります)、審査通過後即日で借り入れが出来る場合もあります。

携帯代が払えないみたいな急にメッチャ困ったことも起こりますので、事前に銀行カードローンを作っておくのは大事かもですね。※参照:携帯代払えない