今までで一番インパクトのあった国でした

大学時代はずっと野球漬けで海外旅行には行ったことがありませんでした。

ただ、部活を引退し、さて、次は何をしようと考えているときに、ふと海外支援を行っているNGO活動に関心を持ちはじめNGOの国内支援という形でボランティア活動に参加することにしました。

ただ、現地の状況をあまりに知らなかったので一回、現場を見てみたいと思い、団体の人にお願いし、その団体が支援しているエチオピアのプロジェクトサイトを見せてもらうことにしました。ただし一人旅です。

海外旅行が初めてだったので何をしたら良いのか手探りのままパスポートの作成、チケットの手配など準備しました。まだインターネットがない時代だったので、本当に旅の準備の情報を集めるのが一苦労でした。

エチオピアに行ったことがある人に、何を持っていったら良いのか、相手が「いい加減にしろ」と嫌がるほどしつこく聞いてしまった覚えがあります。

シンガポール経由でエチオピアに到着し、いざ、入国でしたが、英語がチンプンカンプンで何を入国審査で何を聞かれているのか全くわからず、すごく時間がかかりました。

空港をどうにか出るとNGOの人が迎えに来てくれ、初めて海外の街を見ました。

着いたのは首都のアジズアベバでしたが、その当時高いビルは一切なく、すごく埃っぽく、(当たり前なのですが)街の人が皆真っ黒なのは本当にビックリで、車の中からかじりつくように外を見ていたのを覚えています。

あと歩くと、ほんのちょっと動いただけで息がすごく切れました。アジズアベバは標高が2,000m以上あるので空気が薄かったのです。首都に一泊し、あとは田舎に行きました。

その地域は電気がなかったので夜になると本当に真っ暗でした。空を見上げるとこんなに星があったのか、とビックリするくらい満点の星が見えました。現地の人とは身振り手振りでお話させてもらいました。

色々と日本人との繋がりや活動が見られて本当に勉強になりました。社会人になってから色々と海外に行く機会がありましたが、あれほどインパクトのある旅行は後にはないですね。良い経験になりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です